EXPO2016 ANTALYA 日本国政府屋内出展概要

統括プロデューサー及びテーマスタンド担当

村松 文彦

統括プロデューサー&テーマスタンド担当

役職等

  • 株式会社村松園芸 代表取締役
  • I.Fフローラル・デコ(株) 取締役
  • 玉川大学芸術学部メディア・デザイン学科非常勤講師
  • 日本人唯一のインターフローラ・ワールドカップチャンピオン

活動実績

  • 1987年より、国内外でフラワーデモンストレーション、展覧会を行い、花の魅力を伝える活動を展開。
  • 1998年には冬季五輪(長野)でビクトリーブーケのデザインを担当。1989年に、当時EU圏以外で初のインターフローラ・ワールドカップチャンピオンとなる。
  • 2015年5月、ロンドンで開催した日本産農林水産物・食品PRレセプションで国産花きのプレゼンテーションを担当。

国際園芸博覧会における活動実績

  • 2002年 ハールレマミーア国際園芸博覧会(フロリアード2002)
         日本国政府屋内展示チーフデザイナー
  • 2006年 チェンマイ国際園芸博覧会
         日本国政府屋内展示チーフデザイナー

受賞歴

  • 1982年 NFDフラワーデザイン全日本競技大会 農林水産大臣賞
         全日本花装飾技術選抜選手権大会 内閣総理大臣賞
  • 1987年 JFTDジャパンカップ 優勝 内閣総理大臣賞受賞
  • 1988年 ワールドカップ日本代表選手権大会 優勝
  • 1989年 第7回インターフローラ・ワールドカップ 優勝 内閣総理大臣賞受賞

役員歴

  • 1990年      エキスポ’90大阪国際花と緑の博覧会 審査員
  • 1991年~2001年 日本フラワーデザイン協会(NFO)理事
  • 1997年~2002年 日本生花通信配達協会(JFTD)理事
  • 2003年~2011年 財団法人花普及センター 評議員
  • 2004年~2010年 ジャパンフラワーセレクション 審査員
  • 2007年      技能五輪国際大会(ヘルシンキ)テクニカルオブザーバー
  • 2009年      技能五輪国際大会(日本)スーパーショップバイザー
  • 2010年~2016年 ジャパンフラワーオープン 実行委員長
  • 2011年      技能五輪国際大会(ロンドン)エキスパート
  • 2013年      技能五輪国際大会(ドイツ)エキスパート

春の政府展示担当

華道家元 池坊

春の政府展示担当

いけばなの歴史と池坊

聖徳太子が創建したと伝えられる京都の六角堂において、
代々、僧侶が仏前に花を献じていた。
その僧侶は 六角堂北側の池のほとりに住まいしていたことから、やがて「池坊」と呼ばれるようになった。
室町時代、池坊はいけばなの名手として有名になり、池坊専応がいけばなの理念を確立し華道が成立。
江戸時代に、いけばなは公家や武家ばかりではなく、町人の間にも広がり、六角堂で催される花会には多くの人が訪れた。
その後も時代に合わせて少しずつ形を変えながら、池坊いけばなは全国へと広がっていった。

主な活動実績

池坊は2012年に歴史に記されてから550年の節目を迎え、伝統文化である華道をさらに後世へ継承するための様々な活動を展開。


  • 2012年 花を生けた史実から550年を迎え、
         全国で「いけばな池坊550年祭」を実施。
  • 2013年 アメリカ事務所開設45周年の記念行事の一環で、
         アメリカ・ニューヨーク国連本部にて世界平和を祈り献華を行う。
  • 2014年 日本・スペイン交流400周年、
         池坊マドリッドスタディグループ20周年記念行事として、
         記念花展をマドリッドにて開催。

他にも、毎年全国主要都市において、本部主催の「いけばなの根源池坊展」を 開催。

2015ミラノ国際博覧会でのいけばなデモンストレーション

2015ミラノ国際博覧会でのいけばなデモンストレーション イタリア・ミラノで開催された『2015ミラノ国際博覧会』において、池坊いけばなの デモンストレーションを行った。
国際的にも非常に高い評価を受けている高品質 な日本産花きと、日本の花文化を紹介することが目的で日本産の花を使用したデモンストレーションでは、ナツハゼとリンドウの生花やトルコキキョウ、クルクマなどを使った 立花新風体などの作品を披露した。
この様子はイタリア国営放送RAIでも放送され、 関心の高さが感じられるものであった。

夏の政府展示担当

中山 佳巳

夏の政府展示担当

役職等

  • 有限会社花工房アクト 代表取締役
  • オランダ国立園芸学校 特別講師
  • フロリアード2012 日本国政府出展チーフ フラワーデザイナー
  • 一般社団法人JFTD理事

活動実績

  • 1988年、静岡県浜松市に有限会社花工房アクトを設立。
  • 1997年にストックホルムインターナショナルデモンストレーション日本代表 となるなど、国内外でフラワーデザイナーとして活動。初めてJFTDジャパン カップ2連覇を達成し、日本を代表するデザイナーとして活躍。
  • 2008年にはJFTDジャパンカップグランドチャンピオンシップで優勝。
  • 2010年にインターフローラ上海2010に、ワールドカップ日本代表として出場。

国際園芸博覧会における活動実績

  • 1998年 中国昆明世界園芸博覧会
         日本政府館静岡県デザイン
  • 2012年 フェンロー国際園芸博覧会(フロリアード2012)
         日本政府館デザイン
  • 2014年 青島国際園芸博覧会 中国花卉協会主催
         国際ブース装飾協議会 日本代表

受賞歴

  • 1996年 JFF(ジャパンフェスティバル)金賞受賞
  • 2006年 JFTDジャパンカップ優勝 内閣総理大臣賞
  • 2007年 JFTDジャパンカップ優勝 内閣総理大臣賞
  • 2008年 JFTDジャパンカップ グランドチャンピオンシップ優勝
  • 2011年 インターコンチネンタルカップ台湾日本代表 4位入賞

ジャパンデー担当

假屋崎 省吾

ジャパンデー担当

プロフィール

  • 1958年(昭和33年)東京都生まれ 華道家
  • 草月流 一級師範理事

いけばなの歩み

華道家。Kariyazaki Flower Professional Education School主宰。
日本はもとより世界各地で日本伝統文化の「華道」を広める活動にも精励し、様々な国の記念式典の会場装飾をはじめ、日仏交流150周年フランス広報大使、オランダチューリップ大使を務め、第11回グッドエイジャー賞、マレーシアより、国 際ブランドパーソナリティー賞を受賞。
各国で個展やデモンストレーションを開催 し、国内はもとより海外でも目覚ましい活動を展開している。
その他、地域活性 化支援のボランティア活動の一環として、花と緑に親しみ、情操教育が期待され る「花育」や、少子化問題など、地域活性を促す社会活動等にも積極的に取り組 んでいる。

活動実績

  • 1996年04月
    アメリカ合衆国大統領クリントン来日時の花の総合プロデュース
  • 1999年11月
    天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典での花の総合プロデュース
  • 2000年 03月
    目黒雅叙園美術館保存建築 百段階段での個展をスタート
    (以後、毎年開催、17回目を数える)

海外での個展開催事例

  • 2010年 フランス パリ
  • 2013年 タイ バンコク
  • 2014年 ブルガリア ソフィア、トルコ イスタンブール
  • 2015年 シンガポール チャンギ国際空港

秋の政府展示担当

花ファッションデザインチーム

秋の政府展示担当

和のデザインの素晴らしさを、広く世界に伝えることを目的に、研究、発信するため、
選抜された若いメンバーを中心に2007年から活動。
メンバー全員が公益社団法人日本フラワーデザイナー協会所属のフラワーデザイナー。

メンバー

畑 吏江(チームリーダー)、平野 博美、石川 すみえ、目時 泰子、
柿本 亜矢、竹村 結花、長谷川 典子、梅澤 美貴、宮迫 真芳、
星野 藍香、松浦 義孝(11名)

主なチーム活動歴

  • 2008~10年 大田市場にてデモンストレーション
  • 2008年04月 東京丸の内フラワーウィークス2008 作品展示
  • 2010年     デモンストレーター海外派遣
          (オーストラリア、ニュージーランド、台湾)
  • 2011年   デモンストレーター海外派遣
          (ニュージーランド、台湾、インド)
  • 2012年11月 梅田生花にてデモンストレーション
  • 2013年08月 花キューピット創立60周年記念大会でブース展示
  • 2016年02月 日本フラワーデザイン大賞にてブース展示・デモ
          (2008年より毎回展示)

公益社団法人日本フラワーデザイナー協会

1967年設立。
1969年に文部省の許可を受け社団法人化。2010年に公益社団法人認定。
フラワーデザインの資格認定および登録を行うとともに、フラワーデザインの普及、
広報を図り、花を通じて日本の生活文化の向上に寄与することを目的として活動。
フラワーデザイナーの国際組織(WAFA)への加盟、海外研修ツアー、
トッ プデザイナーの招聘など海外との交流も積極的に実施。
全国に53支部、会員数約25,000名。

いけばなスタンド担当

  • 華道家元 池坊(春のいけばなスタンド)

    華道家元 池坊(春のいけばなスタンド)
    池坊(京都六角堂の僧侶)による生け花は15世紀から文献に登場し、生け花の根源と呼ばれている。
    室町時代から続く伝統の「立花」、江戸時代に誕生したシンプルな「生花(しょうか)」、現代空間にマッチした花「自由花」の3つのスタイルがあり、時代の変化に対応しながら植物の命を生け表す華道の理念を伝えている。
    全国に約400支部、世界に約100支部・グループが活動中。
  • 一般財団法人草月会(夏のいけばなスタンド)

    華道家元 池坊(春のいけばなスタンド)
    いけばな草月流は、1927年に勅使河原蒼風(Sofu Teshigahara)が創流。
    自由と個性を尊重し、いつでも、どこでも、だれにでも、そして、どんな素材を使ってもいけられるいけばなとして、
    日本国内はもとより、世界中で親しまれている。
    現在は第四代家元・勅使河原茜(Akane Teshigahara)が、子どもへのいけばな指導や「いけばなLIVE」などに力を注ぎ、既成の枠にとらわれない自由な創作活動を展開している。
  • いけばな 小原流(秋のいけばなスタンド)

    華道家元 池坊(春のいけばなスタンド)
    小原流は19世紀末、小原雲心(おはらうんしん)が新形式のいけばなを創始して、近代いけばなの道を開いたことに
    始まり、その後それぞれの時代の生活様式にふさわしいいけばなを生み出してきた。
    一般財団法人として、全国148支部、海外56支部において、いけばなの普及事業を展開。
  • 日本いけばな芸術協会

    華道家元 池坊(春のいけばなスタンド)
    日本いけばな芸術協会は、1966年に高松宮妃殿下を名誉総裁として、全国のいけばな流派の大同団結により設立。
    300流派4,200名が集ういけばな界最大の団体として、日本各地で展覧会を開催し、併せていけばな体験教室、顕彰事業などを行い、いけばな芸術の昂揚と普及発展に努めている。
    現在の名誉総裁は常陸宮妃殿下。